話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第140話褒美(ほうび)3

(殿さま)
彩が念話で頼って来た。

「妻に代わって申し上げて宜しいでしょうか?」

「尊か、許す。」

「現在申請審査中の狩場領地は奥地が多く海がございません。」

「うむ。」

「水属性の魔龍討伐の為には、大型の外洋戦船が必要です。」

「うむ。」

「伊豆大島と佐渡国をいつの日か、人の手に取り戻すためにも、日々研究訓練が必要となります。」

「うむ。」

「伊豆大島・佐渡国対岸の湊を領地として賜りたく存じます。」

「判った! 間部!! 領地替えの調査を命じる!!!」

「はは! 受け賜わりました。」

「陛下! 御厚情に対して献上したい物がございます!!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く