話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第139話褒美(ほうび)2

「陛下、御厚情痛み入ります、しかし過分な褒美は無用にございます。」

「なに!」

「わたくしは大和尊の妻、士族の妻として当然の働きをしただけでございます。」

「有無、天晴な言である、だが働きの有った家臣に過不足なく褒美(ほうび)を取らさねば、家臣の真の忠誠は得られぬ、何より君主の器量無しとなる。」

「はい、余計なこと申しました。」

「間部よ、士族を経ない貴族への叙勲は前例がないと申したな?」

「は! 陛下の命を護りしは大功にございますが、女性を行き成り貴族は何かと難しいと思われます、妻の功として大和殿を叙勲するが宜しいかと思われます。」

「お待ちくださいませ間部様、昨日士族任命されたばかりの私が貴族は早うございます、王妃殿下や王女殿下の護りのこともございます、彩を士族として非常時に護衛として大奥に入れるようにしていただきたいと思います。」

「うむ、なるほど、彩ほどの魔力と武芸の持ち主、大奥の護りを任そう。」

『ありがたき幸せにございます。』
俺と彩は同時に答えた。

「大和尊の妻、彩よ、そちに独自の士族位9999石を与える、望みの領地を申すがよい!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く