話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第137話暗殺5

よし!
彩に手柄を立てさせよう!
彩の全身に張った防御魔法壁2枚を強化!
殺さない程度に暗殺者に付き刺さった手裏剣の圧魔力を強化。
よし!
やつら手裏剣に対抗する為に防御魔法壁を強めた。
これで、他の魔法を使う余力はなくなる。

彩が長巻を突き出した。
やつら防御魔法壁に気を取られて彩に集中できてない。
彩が的確な三連突を繰りだした。
暗殺者3人は全く動けない。
彩の長巻が暗殺者の喉を切り裂いた。
うん、好い攻撃だ。
3人とも頚椎を切断されて皮だけで首がつながってる状態だ。

激しい魔法の応酬で周辺にも被害が及んでいた、俺・彩・陛下は防御魔法で跳ね飛んだ魔力を防ぐ事が出来た、だが新井火石はズタズタの肉片になりはてていた。

「天晴である! 咄嗟の状態で身命を賭して余を護ったこと、常の者に出来ることではない!!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く