話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第132話決闘4

間部筆頭大臣の合図で俺達は決闘を始めた。
2000人はいるであろう観戦の貴族士族は物音一つさせない。
太平の世になって長いとはいえ、流石に武門の仕来たりは心得ているのだろう。

俺は一気に助太刀を殺す心算で足に力を込めた。
だが布陣がおかしい?
新井火石の前左右に1人づつは好い。
だが最後の1人が火石の後ろがおかしい?
しかもその男は、前衛・左衛・右衛と火石の陰に隠れて俺だけじゃなく彩からも視線を外している?
は? なんだ?
陛下を背にするんじゃなく、相対したまま徐々に陛下の方に近づく?
まさか!?
陛下の暗殺?
陛下の暗殺など絶対許さん!

「彩! 陛下を御護りしろ!!」

俺は一気に間合いを詰め、早々に決着を付ける事にした。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く