話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第129話決闘

一夜明けて、俺と彩は国王陛下からの上使を受けて王城に出仕した。土御門殿は俺だけでなく、彩まで公式呼び出しを受けたことの驚いていた。

驚いたことに、決闘場は西の丸に設えてあった。その上で300家の貴族家と上級士族家の当主又は名代が勢揃いしていた。

予想通りだったのは、新井火石の卑怯者は助太刀を用意していた。奴の言い分は、決闘を申し込まれた方が、条件を決めれると言う。そもそも、士族たる俺を侮辱したのが始まりなのだが。今まで火石を信頼していたはずの国王陛下も不愉快そうだ。間部筆頭大臣も苦虫を噛み潰したような表情だ。

「何人ですかな?」

「王家の始まりの忠臣四天王、四聖獣になぞらえ4人じゃ。」

「大和殿の為に命を懸ける臣が4人おられますかな?」
ウザイ!

「私は殿様の妻、死すも生きるも一緒でございます!」

「なんと! 助太刀は奥方1人ですか? なんとなんと女性御2人ですか?」

「我妻(わがつま)は、ともに属性龍と戦い、魔獣魔竜を狩る戦士でござる。」

「まさか、前言(ぜんごん)を翻(ひるがえ)し、奥方に魔法を使わせるのではあるまいな?」

脅えてるよ、卑怯者が!
助太刀の4人も嫌な目つきだな?
この目は彩を罠に嵌め、俺を殺そうとしていた奴らと同じ?
いや、人殺しの目だな!
火石め、密かに人を殺していたか?
それとも暗黒街の人殺しを雇ったか?

「そんなことはせんよ! 貴様らなど俺と彩2人の剣技で十分。」

「されば準備いたせ!」
間部筆頭大臣が声をかけた。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く