話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第126話謁見4

「献上品じゃと?」

「は! 私が2割の献上品の前例を示せば、後の者もそれに従いましょう。」

「なるほど、先例に従わねば士族の名折れとするか!」

「は! 後々士族に取り立てて貰いたい冒険者も進んで献上いたしましょう。」

「うむ、妙案じゃ。」

「それと、もう1つ。」

「なんじゃ?」

「長崎・対馬の異国貿易の関税でございます。」

「関税じゃと?」

「は! 今は異国取引に税を課しておりませんが、重大な戦略物資となる魔晶石や魔獣魔竜関連品は強力な武器に加工できます。」

「うむ。」

「そのような武器に成る物を無制限に輸出しては、その武器で王国が攻撃される恐れが有ります。」

「うむ!」

「無暗に海外に流出しないように数を確認したうえで、国内残数と輸出数を把握し、更には関税をかけ王国の歳入といたされませ。」

「うむ、あい判った。」

「して、大和よ、献上品はどれほどの額じゃ?」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く