話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第125話決闘2

間部筆頭大臣たちは降って湧いた決闘の準備で大忙しだった。新井は自分の介添えを決めるため、早々に部屋を出て行った。俺の介添えは土御門筆頭魔導師殿が貧乏籤を引かれた様だ。

俺と土御門殿、護衛兼監視の2人は出て行こうとしたが、陛下に呼び止められた。

「さて大和、邪魔者はいなくなった、続きを話せ。」

「は! 申し上げます。冒険者は税が免除されている王国直轄領を目指します、冒険者希望者はほとんど故国を捨てて王国直轄領にやってきます。」

「うむ。」

「その為、士族貴族領では冒険者組合からの税が無く、陪臣たちの扶持が減らされたり、農民へ重税が課せられます、結果として農地を捨てて王領へ逃げてくる農民が数多く出てきており、士族貴族領の農地は荒廃しております。」

「うむ。」

「王領に逃げて来た者達で、冒険者として身を立てられるものはよいですが、そうでない者は生きる為犯罪に手を染めるものが出てきております。」

「うむ。」

「またそのような犯罪者を束ねて、盗賊団を組織するものが出てきております。」

「う~~~む」

「王都のも良民が踏み込めない暗黒街貧民街が出来ております。」

「王領で2割の税を取ればそれが無くなると?」

「徐々に減らすことが出来ます。」

「されど大和よ、歴代の国王が免税としていたものを世の代で課税するには反対も多いぞ?」

「不肖大和尊が、献上品として先鞭(せんべん)をつけさせて頂きます。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く