話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第124話決闘

「王国には色々な問題点が出てきておりますが、一番は財政再建でございます。」

「そんなことは判っておる、具体案じゃ。」
ちっ、虎に威を借るキツネが!

「王国領と貴族領では不公平が有り、このことが国全体の財政を傾けております。」

「何を言っておる! 王国と貴族では権威が違う、違う部分が有って当然じゃ!」
馬鹿が喚きだしやがった。

「貴族領では冒険者組合に2割の税を課しております、しかし、王国では無税となっております。」

「馬鹿め! 国民に対する歴代国王陛下の温情を問題点と申すか、この奴隷上がりが!!」

「黙れ! 火石(ひせき)!! 大和殿は既に寄合席士族、この無礼者!!! 頭を下げて詫びを入れよ。」

間部筆頭大臣がすかさず叱責して下さった。

「されどこの者は歴代国王陛下の政策・温情を批判しました、このこと万死に値します。」

「間部筆頭大臣様、詫びは結構でございます、士族としての無礼に対しては決闘を申し込みます。」

「まて! それは・・・」

「待てませぬ! 国王陛下の政策諮問に対して率直な提言をさせていただいていましたが、度々の横槍、それの加えての侮辱、間部様の執り成しに対しても陛下のの威を借りての傲慢な態度、それほど士族としての自信がおありなら刀にかけて証明していただく、私目は一切魔法は使いませぬ、このような口先だけの腰抜け士族、刀だけで切り倒して御覧に入れます。」

「受けて立ってやる、この奴隷上がりが。」

「決闘を認める、明日行う故直ちに用意いたせ。」

「陛下それは幾らなんでも・・・・」

「は! 有り難き幸せ。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く