話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第121話 謁見

俺と彩、そして土御門筆頭魔導師は盥空船(たらいそらふね)で王城に向かった。

それからは、あれよあれよという間に段取りが整えられた。王都滞在中は、土御門殿の屋敷の離れに逗留させていただくことになった。

謁見用の服装は開拓申請をしてから直ぐに依頼した物で、彩の晴れ着と俺の素襖(すおう)を着る心算だったのだが、念のため土御門殿に見ていただいたが、俺のは駄目だしされた。俺は寄合席に列せられるので大紋(だいもん)を着なければならないようだ。急ぎ土御門殿の衣装をお借りすることとなり、仕立て直してもらった。

「土御門様、私は奴隷の出の為、王宮内での行儀作法を全く学んでおらぬのです。どうすればよいか御教授願えませんでしょうか?」

「心配されずとも好い、我がする事を真似ればいい。」

「判りました、そっくりそのまま真似させて頂きます。

そしていよいよ王城に登城する朝を迎えた。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く