話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第120話土御門筆頭魔導師

「我が屋敷に逗留してもら事となった。」

「は! 有り難き幸せ。」

ふ~~~ん、自分より遥かに魔力が強くなった俺達を取り込む気か? 筆頭魔導師とどう付き合っていくか、暫らくは様子見だな。

「それでだ、大和殿が盥空船(たらいそらふね)とやらを創り出したと聞く。」

「は! 魔竜の魔晶石が大量に手に入ったので試作してみました。」

「うむ、急ぎなのでそれに乗って王城に向かいたい。」

「は! 承りました。」

「では、直ぐに行こう。」

「は!」

「土御門殿、我らはいかがいたしましょう?」

「渡辺殿達はこのまま測量を行(おこな)ってくれ。」

「では大和殿、乗せて貰おう。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く