話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第117話木曽魔境5

「旦那様、追ってきません。」

「大丈夫のようだね。」

「はい旦那様、ブレスも連続は無かったですね。」

「ああ、これで木曽でも囮作戦が使える目途がついた。」

「はい旦那様、奴隷の子たちの解放が早くなります。」

「だがここは諏訪男爵家の所領、王国は上手く割譲をさせれるのかな?」

「そうですね、諏訪男爵家に恨まれるのは嫌ですね。」

「そうだね、ここでは諏訪男爵家と冒険者組合に恩を売るだけに成るかもしれないね。」

「それでも一般冒険者の手助けにはなりますね。」

「うん、それも大切だね。」

「はい旦那様、私達の昔の事を考えれば、奴隷の子達に安全な狩場を作ってあげたいです。」

「だが、俺達2人の子孫や家臣の為に、出来るだけ多くの自領は必要だよ。」

「はい旦那様、ではどうなさるのですか?」

「次は俺達の領地に割譲して貰い易い、王家の直轄領の駿河城下と大阪城下を探査測量しよう。」

「はい旦那様。」

「では一旦帰ろう。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く