話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第116話木曽魔境4

2度目のブレスはこれでも来ないか?
仕方ない魔境の外に出るか?
手負いの属性魔竜、怒りに狂ったら、魔境外にもでれるのか?
この見極めは、命を分ける!

「旦那様!」

「大丈夫だ、爪や尻尾の攻撃は避けられる。」

「でも、もっと離れないと」

ボスは空中で長大さ尻尾を振り回して俺を狙ってきた。
ブレスの射線に入らないように気を付けながら、接近戦を挑んだ。
ボスは長い首を捻って噛みつこうと接近してくる。
ブレス射線に入らず、距離も取りつつ、ボスを翻弄する。

「彩、もっと距離を取って避難するんだ。」

「でも御旦那様を支援せず逃げるなんて出来ません!」

「手負いのボスが境界外に出るかに見極めだ! 従って!!」

「バズーカを用意させてください! いざという時は支援させてください!」

「判った、だから早く避難して!」
5分ほど命を懸けた見極めをして一気に境界外に出る。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く