話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第113話木曽魔境

諏訪男爵家の領内には、赤石・木曽・飛騨の魔境が隣接し、狩りの囮には最適の立地条件であり、今後のカギとなる場所だ。

冒険者組合と諏訪男爵家の許可は取れた、後は実行有るのみ!

「彩、何時も通り防具の防御魔法壁は6重で掛けるんだよ。」

「はい旦那様、魔法盾も5つ準備するのですね。」

「うん、それと予備の魔法盾を、常に直ぐ魔法袋から出せるようにね。」

「はい旦那様、魔法銃や魔法砲も準備しておくんでしたね。」

「うん、今は僕たちしかいないから、危険を感じたら躊躇(ちゅうちょ)せず属性竜や古代竜でも狩ってしまおう。」

「はい旦那様、でも蛇竜の時の様に秘匿(ひとく)するんでしたね。」

「ああ、バレたら何をやらされるか考えるだけで恐ろしい。」

「さて、境界を越えるよ!」

「はい! 旦那様。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く