話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第112話赤石魔境狩り

「彩大丈夫か?」
俺は何時でも支援できる準備を整えつつ見守った。

「大丈夫! この魔法盾が有れば私でも囮に成れるは。」

「無理するんじゃないぞ、必ず予備の盾も間に挟んでおくんだ。」

新兵器の魔法盾を最低5つは同時起動させてある。そして想定外の破壊力のブレスを受けても、次の魔法盾で防ぎつつ逃亡出来る様に心がけていた。

俺と彩はそうやって早朝から赤石魔境で測量兼狩りを行った。ボスのブレスをいなしつつ測量兼狩りを行うのは魔法盾無しでは命懸だろう。狩った魔竜は多摩の組合まで行って売却。地下住居で食事と魔力回復を行い再度甲府の赤石魔境で測量兼狩りを行う。

王国の正使殿と副使の1人は、甲府領内の赤石魔境測量を副使の1人に任せ、盥空船(たらいそらふね)で我々と諏訪男爵家に向かった。

甲府の時と同じように、俺と彩は諏訪冒険者組合に、上使御一行は諏訪城に向かい、測量と狩りの許可を取に行った。

          

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く