話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第111話談合

「大和殿、我らの家臣どもも採用していただけるのかな?」

「はい正使殿、例え貴族家・士族家の陪臣卒族であろうと、いえ、領民の腕自慢であろうと、実力さえあれば採用いたします。」

「おおお、それは有り難い。」

「正使殿、その為にも是非早い内に、各魔境の近接地に領地を賜りたい。」

「うむうむ、約束いたそう。」

「では、まず甲府より諏訪・松本に向かい、木曽・飛騨の2つの魔境の測量をお願いいたしたいのです。」

「うむ、約束いたそう、だが関東魔境は測量しないのか?」

「関東魔境は活火山の可能性があるのです。」

「なんと! では古代魔龍がいるのか!」

「あくまでも可能性です、しかし、王都近くで危険は冒せません!」

「確かに。」

「では、明日にも某(それがし)と妻で赤石のボス射程を確認の上、印をつけておきます、その後時間が有れば、木曽と飛騨に向かいます。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く