話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第110話甲府城代の質問

「何でござるかな?」

「赤石魔境周辺で頂ける領地は、境界から多摩の4倍でお願いしたいのです。」

「そうでござるな、その余裕が無ければ家臣領民は即死でござるな。」

「明日からは、測量優先でボスにブレスを吐かせる心算(つもり)でございます。」

「うむ、では我らは既存の村や田畑の無いところを測量しておきましょう。」

「大和殿、伺(うかが)いたいことがござるのだが?」

「なんでござろう? 城代殿。」

「陪臣の採用は、王国主催の文武大会だけで決めるとのことでしたが?」

「はい、その予定だったのですが、私と妻の代わりにボス囮が出来る魔法使いは随時採用にいたしました。」

「魔法の使えない武芸者の随時採用は無いのでござるか?」

「王国との誓約も有り、陪臣採用は無理でござるが、冒険者として士族卒族子弟の武者修行は受け入れております。」

「武者修行でござるか?」

「強化複合長弓・鎖鎌・投げ縄を使える武芸者は、魔獣魔竜狩りが出来るので、受け入れております。」

「ほう、修行に成るのですか?」

「はい、狩りの収入は1日平均4万4000銅貨に成ります。」

「なんと! 1日4万4000銅貨ですと!!」

「はい。」

「僅か7日狩りに出るだけで、150石知行の士族の年収が手に入るのか!」

「大会の弓部門で実力が認められれば、陪臣採用は無理でも、武者修行は受け入れる心算です。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く