話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第105話異なる魔竜

俺は定石通(じょうせきどお)り、射程圏にいる魔竜を無差別に狩った。そして狩った魔竜を種別に分けて別々の魔法袋に収納した、万が一にも血液が混じって商品価値を損なわないためだ。多摩では見なかったアルゼンチノサウルスがいる! 多摩と赤石では生態系が違うのかもしれない?

アルゼンチノサウルス
プエルタサウルス
ブラキオサウルス
ディプロドクス
ブロントサウルス
ティタノサウルス
ディアマンティナサウルス
カマラサウルス
スピノサウルス
アンペロサウルス
アンタルクとサウルス
種族の確認と資源保全の為、大型魔竜を中心に狩っていった。

俺の魔法袋が一杯に成るまで狩ったが、ボスは現れなかった。
彩も魔法袋が一杯に成るまで狩ったが、ボスは現れなかった。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く