話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第102話甲府冒険者組合

「組合長! 入っていいですか!!」

「入れ! 何を慌てている?」

「あの、あの大和様が来られました!」

「え? ヤマト様? もしや多摩の大和様か!」

「はい! 赤石魔境の狩場を開拓したいとのことです!!」

「直ぐお入り頂け! 嫌! 俺もお迎えに参る!」

「組合長のたかとらと申します、大和様・奥方様御案内させて頂く事が出来恐悦至極でございます、どうぞ此方に参られて下さい。」

「たかとら、世話に成るな。」
「世話になります。」

「どうぞお入りください。」

「うむ、失礼。」

「こちらにお座りください。」

「失礼。」
「失礼です。」

「早速だが、たかとら組合長、赤石魔境を案内できる者は居るか?」

「はい、明日には手配させていただきます。」

「うむ、王国の上使御一行の世話も頼むことに成る。」

「は? 王国上使様御一行でございますか?」

「うむ、今度開拓地を賜(たまわ)ることになったのだが、魔境狩の出来る地域の選定に上使様御一行が派遣されてな、方々の案内する事に成る。」

「承(うけ)りました!」

「我ら2人は今日より実地検分をいたす、でだ、ここでの上納金割合ははどうなっている?」

「は、王国直轄地ですので組合に2割でございます。」

「ふむ、甲府城への献納は無しで好いのか?」

「はい! 王命が行き届いており賄賂紛いの献納は不要でございます。」

「判った、組合長は我らが案内する故、上使様一向に御挨拶しておくように。我らはその後で赤石魔境を検分に行く。」

「はは!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く