話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第98話交渉

「彩、みんな頑張ってるようだね。」

「はい旦那様、私たちも負けてられませんね。」

「ああ、だが俺達は上使殿に許可を得て、赤石魔境の探査をやろうと思う。」

「はい、御供させていただきます旦那様!」

俺と彩は魔法袋一杯の獲物を狩り、小1時間ボスを引き付け、地下室で食事と魔力回復を行い、冒険者組合で獲物売却、万全の状態で上使殿に面会をした。

「上使殿、視察されてどう思われましたでしょうか?」

「天晴(あっぱれ)である! これなら十二分に王国へ御奉公できるであろう。」

「実は折り入ってお願いが有るのです。」

「なんですかな?」

「新しい魔境狩場の調査に同行していただきたいのです。」

「ふむ、資源保全でしたかな?」

「はい、この調子で狩り続けると、直ぐに多摩魔境の魔竜魔獣が枯渇(こかつ)してしまいます。」

「ふむ、では富士魔境・伊豆魔境へ行かれるのかな?」

「いえ、赤石魔境に行こうと思います。」

「富士や伊豆を飛ばす理由は何かな?」

「富士や伊豆は活火山、下手をすると古代魔龍がいるかもしれません。」

「なんと! 古代魔龍とな?」

「はい、古代魔龍だけは魔境を出ることが出来ます、奴らを刺激して王都を襲撃されては不忠、王都近くは火山の無い魔境を狩場にしたいのです。」

「ふむ、あいわかった、何時(いつ)行くのか?」

「明日早朝お願いしたいのです。」

「うむ、多摩魔境は何の問題も無し、同道(どうどう)いたそう。」

「では、我らは囮を務めてきます。」

「うむ、御武運(ごぶうん)を。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く