話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第95話視察4

「ヒロミ、無理するんじゃないよ。」

「トモコこそ張り切り過ぎじゃない?」

「そりゃ100トンの魔法袋を貸していただいたんだ、一杯にして稼がないと。」

「でも尊様と彩様にくれぐれも命を大切にするように言われただろ?」

「判ってるって、死人にゃ金は無意味だからね。」

「そうだよ、安全第一だよ!」

「でもね、御二人の代理で囮役してんだよ、30分はボス惹きつけないとね!」

「うん、そうだね! 魔法袋をお貸ししていただいた分は踏ん張らないとね!」

「ボスが他(ほか)を気にしてるよ! こっちに気をひかなきゃ。」

彼女たちは砦で無料貸与された石弓で矢を放って、ボスの注意を引いて囮(おとり)に徹した。矢には魔力で貫通力と飛距離を強化している。

「立て続けに行くよ!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く