話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第94話視察3

「御頭、囮成功の念話来ました!」

「よし! 弓隊かかれ!!」

「上使様、通常は撒餌を魔境に投げ入れるのですが、今は既に魔竜魔獣が集まっていますので、弓隊が攻撃します。」

「うむ、弓兵に魔法使いが付き添っておるのはなぜじゃ?」

「は、傷を少なく狩るために、弓兵の技量に合わせて照準誘導魔法を使える者、貫通力強化魔法の使える者と組ませております。」

「回収隊、かかれ!」

「次に、鈎爪の付いたロープや鎖を投げ入れ、倒した獲物を回収します。」

「ふむ? これにも少数の魔法使いが配備されておるな?」

「は、これは投げ縄や鎖鎌の使い手を配備しておりますが、獲物が遠くにいて届かない場合だけ魔法使いが支援します。」

「弓隊! 今は新人が囮だ、手早く倒せ!!」

「ふむ、朝野奴隷千人頭代理、中々の収穫だな。」

「は、魔獣魔竜だけでなく、魔虫も取れています、魔虫も薬・魔道具の材料・食材として高値で引き取っていただけることが判りました。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く