話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第93話視察2

『多摩奴隷千人臨時砦』

「上使様方、大和様が鍛えられた奴隷魔法使いが囮を行います、連絡が入り次第ここの冒険者達が狩りを行います、御検分願います。」

「うむ。」

『狩場』

「ヒロミ、そろそろ始めようか。」

「ええ、トモコ支援宜しく。」

2人は飛行魔法で一気に魔境の中に切り込んだ。ヒロミはプエルタサウルスの脳を圧縮強化火炎魔法で焼き即死させた。即座に尊から貸与された100トン級汎用魔法袋に獲物を収納する。ヒロミはそのまま高度を上げ視界を確保。それを確認したトモコが、同じく圧縮強化火炎魔法でプエルタサウルスの脳を焼き即死させ、尊から貸与された汎用魔法袋に収容した。2人は常に1人が警戒、1人が狩りの体制を維持してボスを急襲を防いでいた。

「ヒロミ! ボスよ!!」

「逃げよう! トモコ!!」

2人はボス側に防御魔法壁を展開しつつ、魔境外へと逃げる、同時に各砦と駐屯地にボス誘導成功の念話を送った。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く