話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第88話奴隷魔法使い指導

「さて、君たち魔法使いに集まってもらったのは、是非ともやって欲しいことが有るからだ。」

「殿様、我々を雇ってくださるのですか?」

「君は?」

「初級中の奴隷魔法使い、アキラです。」

「君が望むなら雇ってあげるが、平民に成って冒険者に成る方が稼げるだろう?」

「でも、僕は土魔法に特化しているので狩りは苦手なんです。」

「魔法袋に充魔出来るんだろ?」

「はい、それは出来ます。」

「なら大丈夫さ、専用魔法袋の容量が200kg以上あって、ボスの射程外から長距離武器で狩って、鈎爪で魔境外に引き出した獲物を新鮮保存できるだろ? 獲物の劣化が防げるだけで十分採算合うよ、判らないような馬鹿と組むこともないよ、本当に組む相手がいないなら家臣採用するよ。」

「ありがとうございます、お願いします!」

「じゃ、朝野奴隷千人頭代理に相談して、一般冒険者と組み合わせてくれるから、さっさと奴隷解放手続きするように。」

「はい、殿様。」

「じゃ続けるよ、僕が王都に行っている間の囮役の事なんだ、飛行魔術が使える子、防御魔法が使える子は手をあげて。」

『はい!』

「両方同時稼働できる子は?」

「はい!」

「君達の名前は?」

「中級下の奴隷魔法使い、トモコです。」

「同じく中級下の魔法使い、ヒロミです。」

「君達には手本を見せるから、ボスを惹きつけて皆が安全に狩れるよう囮役をして貰う、報酬は1回50万銅貨ね。」

「え! 50万銅貨ですか!」

「それは! 1回で王家に借金が返せます!!」

「命懸だからね当然だよ、昼の囮は付いて来て覚えてくれ。」

『はい!』

「飛行だけの子は、ブレス射程ギリギリで囮に成って、惹きつけたら射程外に逃げる訓練をするように、そうすればどこに行っても稼げるよ。」

『はい!』

「防御魔法だけの子は、射程外にいて飛行魔法の囮役の子に防御魔法を賭ける連携訓練ね、パーティーと言うより組規模だけどね、魔境で安全に竜狩りで稼ぐならこれくらいの連携と規模は必要だよ。」

『はい!』

「じゃ、信頼できるパーティー、組を結成する心算で今日から訓練だよ。」

『はい!』

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く