話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第85話尋問

「門番殿、鈴木代官殿に取次を願いたい。」

「は! 殿様、奥方様、お待ちしておりました。」

「役目がら、確認させていただきますが、その男が草の者でございますか?」

「うむ、魔法で尋問を行ったが、代官殿に改めての取り調べと拘束を願いたくて連れて参った。」

「左様でございましたか、こちらへおいで下さい。」

俺達は、魔法で意識を失った草を連れて表玄関から奥座敷に案内された

「御代官様、大和様と奥方様をお連れいたしました。」

「入っていただけ。」

「失礼いたす。」
「失礼いたします。」

「大和殿、襲撃犯逮捕連行に協力いただき感謝いたします。」

「いえいえ、王家の家臣として当然の事をいたしたまででございます。」

「して、草は口を割りましたかな?」

「それが残念ながら駄目でした、魔法で自白させたのですが、下っ端の様でアジトを1カ所知っているだけでした。」

「それは残念、しかしながら役目がら、代官所としても尋問拷問させて頂くことになります、お気を悪くなされませんように。」

「判っております、改めての御取調べお願いいたします。」

「さて、話は変わりますが、御互い言葉遣いで既に気付いていることですが。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く