話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第81話思惑

「このまま麻痺と睡眠で襲撃犯を確保するよ、魔法使いさん達よろしくね。」

「はい、でもあすかさん、こいつをどうするんだい?」

「こいつらは、朝野奴隷千人頭代理と鈴木多摩冒険者村代官に連絡してから、尊様と彩様に直接突き出すよ。」

「尊様と彩様は会ってくれるかね? みつお殿ときりと殿がしくじって、さすけ組合長まで牢屋入りしてるだろ?」

「ま、大丈夫だと思うよ、御二人がまだ奴隷で初狩の日に、黒磯やタケゾウ達の襲撃除けに同行案内してあげたことが有るんだよ。」

「そんな縁で大丈夫かね?」

「綺麗な目をした好い子だったよ、恩義には答えてくれると思うよ。」

「じゃ、交渉はあんたらのパーティーに任せるよ」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く