話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第79話草刈り

「気取られるんじゃないよ。」

『はい。』

あすか・みどり・かえでの3人は、麻痺使いの初級下魔術師と睡魔使いの初級下魔術師と共に、草と思われる冒険者のテントを囲んだ。2人の魔術師は躊躇することなく、麻痺と睡魔の魔法を発動させた。

「どうだい?」

「かかりました。」

「じゃ、あたし達が突入する、支援宜しく。」

3人は細心の注意を払って突入、草は二重の魔法で前後不覚となっていた。

「よし、自殺できないように頼んだよ。」

『はい。』

「上手くすれば世襲陪臣だよ!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く