話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第77話迎撃

黒装束達は、魔術師達が就寝してると報告を受けた連結大型テントを、四方から同時に襲撃すべく息を合わせた、襲撃陣は前衛・中衛・後衛の三段構え、前衛が突撃しようとしたその瞬間、暗闇が一気に明るくなり前衛は意識を失った。

その場に倒れ伏した黒装束達の体には、焦げた穴や切り裂かれた傷がついていた。それは明らかに魔法による迎撃だった。

黒装束達が地に臥してから瞬(まば)きするほどの間しか置かず、連結大型テントから剣と槍を持った冒険者が飛び出してきた。灯り魔法で視力を奪われた黒装束の中衛は、次々と迎撃冒険者に打ち取られていった。

黒装束の後衛は背中を向けて逃げ出した、それに対して、冒険者戦士達の後から飛び出した魔法使いが火炎魔法と風魔法で追い打ちをかけた。明らかな待ち伏せだった、だが何故襲撃を事前に察知する事が出来たのだろうか? 鳴子はピクリとも音を立てなかったし、見張りも何の抵抗も警告を発する事なく地に臥した。しかしそのような詮索は黒装束には無用だった、今はただ生き延びる事だけ、背後の殺気を感じつつ、一瞬一秒でも早く安全圏に逃げ切るべく駆けていた。

1人また1人と遠距離魔法を叩き付けられて、逃げ出した黒装束も地に臥していく。果たして何人が逃げ切れるだろう。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く