話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第75話冒険者貸与用汎用魔法袋

「彩、窯の出来を確認しようか。」

「はい旦那様、今回は黄玉と金剛石でしたね。」

「ああ、上手く魔力化してくれれば好いのだが。」

「凄い大きさですね。」

「うん、魔金剛石は5000カラット、魔黄玉は8000カラットくらいありそうだね。」

「今晩は、魔金剛石と魔晶石を創るよ。」

「はい旦那様。」

「さあ、食事・魔力回復・食事・魔力回復と出来る限り冒険者に貸す汎用魔法袋を創ろう。」

「はい旦那様。」

「汎用魔法袋は、岩砲弾用と岩弾丸用を除いて5トン以下は貸与しよう、彩には俺の100トンを1つ貸すよ。」

俺と彩は4度の晩飯と3度の魔力回復を行い、俺は200トン1個、彩は1トン10個の汎用魔法袋を創った。端数の魔力は魔晶石への充魔に使った。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く