話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第71話充魔

「彩、全魔力の1/3で12トン位だよね?」

「はい旦那様。」

「充魔としてはどれくらいかな?」

「全然満杯に成りません、予想通り600トン級の魔力を貯められるかもしれません、旦那様の魔金剛石はどんな具合ですか?」

「俺も同じで、全く溜まらない、100トン分の魔力を注ぎ込んだんだけどね。」

「では、これから魔力の無い魔晶石・魔黄玉・魔鋼玉・魔金剛石をどんどん創り出し、手元に残る事に成るのでしょうか?」

「うそうなるね、でも王都暮らしになれば、魔力を使う機会も減るだろうし、魔力が有り余ることにななるだろうから、その時充魔すれば好いよ。」

「確かにそうですね、人質に成る私は自由に狩りは出来ないでしょうね。」

「それに、魔竜から取った魔晶石の魔力をこちらに移して、空になった魔晶石を売りに出しても好いしね。」

「そうですね、旦那様の仰る通りですね。」

「じゃ、飯食って魔力を補充しようか。」

「はい、旦那様。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く