話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第68話朝野殿スカウト

「私の今後ですか?」

「はい、今は奴隷千人頭代理です、代理が取れて150石の士族に取り立てられるのでしょうか?」

「無理でしょうな、尊様・彩様、私は元々奴隷上がりの小人目付です、御存じのように卒族でも最下級、収入は現金支給の4万銅貨です、同じ小人でも貴族や士族の子弟は蔵米取として米20俵を支給されます。そんな私を士族に取り立ててはくれることは決してありません。」

「では、これほどの実績に対する褒賞は無いのですか?」

「いえいえ、卒族としては報いてくれましょう、実質的には換金手数料分損ですが、格上の蔵米取にしてくれるか、小頭に転属昇進で30俵2人扶持で40俵支給してくれるかでしょう。」

「その程度ですか?」

「ええ、経験上その程度です。」

「転属は、新しく来る奴隷千人頭がやり難(にく)くなるから移動ですか?」

「はい、譜代士族様に私は目障りでしょうから。」

「では、朝野殿、褒賞が100石以下でしたら、僕たちの家臣に成りませんか?」

「尊様・彩様の家臣ですか?」

「はい、多摩地区の家来差配をお願いしたいのです。」

「ほう、王国の褒賞が」100石以下なら家臣に採用すると言う事は、私を100石知行取として陪臣騎乗士にして下さるのですか、大和の殿様。」

「はい、朝野殿が差配してくれれば、私が他地区で狩りしていても、十分な成果の狩りを多摩でしてくれるでしょう、ただ、代理が取れて正式に多摩奴隷千人頭に王国が就任させてくれるようなら、この話は無かったことにしましょう。」

「殿様、有り難くお受けさせていただきます。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く