話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第62話魔力量成長力の向上

「彩、朝の鋼玉は2000カラットだったけど、今出した黄玉は6000カラットだ、今から入れる水晶は魔樹と一緒に創ってみる。」

「実験されるのですね、旦那様。」

「うん、色々な物を同時に入れると思わぬ結果に成ることが有るんだ。」

「水晶の材料は全部使われるのですか、旦那様?」

「いや、明日の朝使う材料が無いと、1回分実験できないし、せっかく高価な水晶材料を全部駄目にする可能性もある、半分にするよ。」

「はい旦那様。」

「さあ、魔術鍛錬しようか。」

俺達は1度目の晩飯の後魔術鍛錬をして、低血糖発作直前で止め、2度目の晩飯を食べた。それから俺が100トンの汎用魔法袋、彩が10トン汎用魔法袋を創った。

「彩、俺は魔術鍛錬が増えて、魔力の回復量と日々の魔力量成長が2割から3割になったんだけど、彩はどう?」

「旦那様、私は1割から1割3分程度に増えています。」

「そうか、苦しいけど努力している成果はあるね。」

「はい旦那様。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く