話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第60話王家の開拓条件

「御代官様から呼ばれ参りました。」

「これはこれは、尊様・彩様、お聞きしております、御案内させていただきます、こちらへどうぞ。」

「御代官様、尊様と彩様をお連れいたしました。」

「入っていただいてくれ。」

『失礼させていただきます。』

「うむ、御二人ともご苦労、単刀直入には話そう、開拓の条件を事前に協議しておけと王国から連絡が有った。」

「はい、どのような条件でしょうか?」

「うむ、この書状を見てくれ。」

1・開拓地は9999石の士族とする。
2・開拓期間は検知縄張り終了後30年以内とする。
3・申請料として王国に500万銅貨。
4・正使に検視料として25万銅貨。
5・副使に検視料として各12万5000銅貨。
6・開拓完了までは9999石の士族見習い。
7・軍役家臣は最低150兵。
8・年貢は4公6民。

「御代官様、これでは後で問題になります、こちらからの条件で細かい事を言ってもいいのですか?」

「うむ、そのための事前協議だ。」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く