話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第54話魔力回復術

「彩、おはよう、昨夜も可愛かったよ。」

「恥ずかしい!」

「幸せだよ、彩。」

「私もです! 旦那様。」

「今日は朝から新しい実験をしようと思う、手伝ってくれ。」

「はい! 旦那様。」

「先ずは俺が10万kg(100トン)の汎用魔法袋を作る、彩は2万kgのを作ってくれ。」

「狩りの前に、ほとんどの魔力を使う理由を教えていただけますか?」

「うん、魔力の回復術の研究をしたいんだ。」

「それは素晴らしいです! お手伝いさせていただきます旦那様。」

「でも、最初に水晶の出来を確認しよう。」

「はい旦那様。」

「旦那様、とても大きい水晶が出来ましたね。」

「ああ、6000カラット以上だね。」

「価値は幾ら位なのですか?」

「同じ重さで金の10倍位かな、大金貨で400枚位だね。」

「狩りより遥かに利益が有りますね。」

「うん、上手にブレスを吐かせるか、広く原料収集するかで、莫大な利益が得られるよ、これで開墾資金は万全だよ。」

「はい旦那様。」

「今から魔樹を材料に使って、魔金剛石の生成実験だよ。」

「はい旦那様。」

「魔法袋も出来たし、食事にしよう。」

「はい旦那様、何が食べたいですか?」

「今日は簡単にベーコン野菜炒めと白飯、ミックスジュースにしよう。」

「はい旦那様。」

俺達は岩盤プレートに豚ベーコンの脂を引いて、3cm厚の角切りにした豚バラベーコンと一口大に切ったピーマン・キャベツ・玉葱ともやしを炒め、焼きながら炒めながら腹一杯食べた。
飲み物は、実験上カロリーと栄養を補給する必要があり、バナナ・ストロベリー・オレンジ・リンゴをミックスした物を1リットル飲んだ。

「旦那様、お腹一杯で苦しいです><」

「ごめんね、今回の実験は魔力の少ない状態で、お腹一杯食べて検証したいんだ。」

「はい、大丈夫です、頑張ります旦那様。」

「この状態で何時のも魔力鍛錬、チャクラや経絡に魔力を流す訓練をするんだ。」

「全く同じで好いのですか旦那様?」

「少し変更して、胃腸中の食べた物を消化促進は何時の通りだけど、魔力を創り出すことを意識して欲しい。」

「それは、食べた物を直ぐに魔力化する事を、意識してできるようにすることですか?」

「うん、そうなんだ、今だと睡眠したり、可也のリラックス状態にならないと魔力の回復が出来ないのを、戦闘状態でも何割かの意識を魔力回復に向けることで、自由に魔力を回復できる術を確立したいんだ。但し常時食べてないといけなくなるけどね!」

「その条件だと手軽で栄養価の高い携行食も必要なのですね。」

「うん、じゃ論より証拠と言うか、まずは実験だ。」

「はい旦那様」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く