話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第50話サンドブレス誘発

「彩。第三の餌場を創ろう」
「はい、旦那様。どの辺に作られるのですか」
「第一、第二から一キロメートルは離そう。まずは安全に魔竜を狩ることを優先しよう。人と獣への警戒と対処は、彩に任せるよ」
「はい、旦那様。お任せください」

よし、上手くボスを誘い出せたな。
第三狩場で一回ブレスを吐かせた。

「彩。撤退に見せかけて、第二狩場に移動だ」
「はい」

おっと。
ボスの対処が速いな。
無理せず、ブレスの射程ギリギリで誘おう。
よし。
第二狩場でもブレス吐かせた。

「彩。撤退に見せかけて、第一狩場に移動だ」
「はい」

うん。
ボスの奴、待ち伏せしてやがる。
参ったな。
三角錐防御魔法壁を展開しつつ、ボスのブレス射程内に入る。
射程ギリギリで遊弋して、それ以上近づかず、ブレスを誘う。
我慢比べか。
魔樹を切り倒してみるか。
圧縮風魔法で、魔境内の大樹を切り倒す。
来た。
第一狩場でもブレス吐かせた。

「彩。本当に砦に帰ろう」
「はい。旦那様」

『多摩冒険者村買取所』

「受付殿、買取お願いします」
「はい。何時もの様に大物ですね。保管庫にどうぞ」
「彩。食材と武器材料の買い出しをして、もう一度魔境に行こう」
「はい、旦那様。でも、どうしてですか」
「ボスにブレスを吐かせたけど、もしかしたら、回数に限度があるかもしれない」
「そうですね。一日の制限回数や連続に制限回数があれば、ボスも狩りようがありますね。御供いたします」
「うん頼むよ」
「尊様。彩様。計算できました」

今回の獲物と手取りは以下だった。
プエルタサウルス:八十トン:一頭
カマラサウルス :三十トン:一頭
マメンチサウルス:二十トン:二頭
サルタサウルス :十トン :一頭
エドモンサウルス:三トン :十一頭
一億八九一四万銅貨

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く