話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第49話青鋼玉完成

『地下住宅』

「彩。今日の狩りだけど、何時も通り魔竜を狩ると同時に、ボスにサンドブレスを吐かせるから」
「はい。お気をつけてくださいませ」
「最初に窯のチェックをしよう」
「はい。上手くいっているでしょうか」
「どうかな。駄目元だけど、自力では魔金剛石は創生できたから、窯でも大丈夫だとは思う。でも何事も実験の積み重ねだから、何度も挑戦しないとね」

確かに、前世のうろ覚えの記憶で作った窯だし、生成法もうろ覚えだからな。
もしかしたら、触媒に色々な物を同時に窯に入れないと創れないかもしれない。

「はい。お手伝いさせていただきます」
「うん。正式に士族に成れば、正妻の彩は人質として王都を出られないかもしれない。その場合は、王都の屋敷で実験の日々に成るから‥‥‥」
「はい。旦那様のお役に立てるよう精進いたします。」

俺達は窯を開けてみた。

「旦那様。出来ています」
「うん、大丈夫なようだね。確認してみよう」
「はい」

大きく綺麗な青いサファイアが出来ていた。

「青鋼玉だね」
「大きいですね」
「ああ。見本が一カラットほどだけど、これは千カラットはあるかな」
「価値はどれくらいでしょうか」
「う~ん、同じ重さの金貨の四十倍前後かな?」
「それは、大金貨二百六十六枚と言うことですか?」
「たぶんね。買取所で確認してみよう」
「はい」
「じゃ、今から黄玉の創生実験をしようか」
「はい。勉強させていただきます」

俺は彩に丁寧に手順とコツを教えた。

「手順は分かった」
「はい」
「飯にしようか」
「はい。旦那様」

朝食のメニューは
白御飯
鯖塩焼き
ベーコンエッグ
具沢山の澄まし汁(大根・人参・里芋・水菜・薄揚・蛤)

『多摩冒険者村買取所』

「受付殿。鋼玉の研究を確認したいのですが」
「はい、どういうことでしょうか?」
「昨日お借りした鋼玉はこれなのですが、こちらの大きなものは、ボスにブレスを吐かせたものです。同じものとして、買取は可能でしょうか」
「これは。何と大きい」
「ええ。ブレスを魔法壁で受け止めて手に入れた物なのですが、お借りした青鋼玉と同じものでしょうか」
「私一人の判断では不安なので、買取長にも確認していただきます」
「まり、買取長呼んできて」
「はい」
「尊様。彩様。まずは私が鑑定さていただきます」
「お願いします」

細心の注意を払って鑑定してくれているな。

「尊様。彩様。私には同じものに見えます。あ、とびすけ買取長。鋼玉の鑑定をお願いします」
「ああ、まりから話は聞いた。確認させていただこう」

とびすけ買取長は時間を掛けて何度も確認していた。

「間違いない。鋼玉だ」
「では、お貸し頂いた鋼玉はお返しします。黄玉と石英は、もう少しお貸しください」
「それは構いませんが、このように巨大な鋼玉をどこで手に入れられたのですか」
「ボスのサンドブレスを魔法壁で受け止めた時に、手に入れました」
「なんと。サンドブレスに鋼玉が入っているのですか」
「ええ。やつのブレスがあまりに強力なので、成分を考えると、金剛石、鋼玉、黄玉、石英が含まれてると考えました」
「なるほど」
「今日も今から確かめに行ってきます」
「お気をつけて。御武運をお祈りしております」
「ありがとう。では」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く