話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第40話魔法と剣の複合攻防

「受付殿、買取お願いします」

「はい、保管所までおいでください」

「分かりました」

結局今回の獲物は以下であった。
五十五トン:ブラキオサウルス:一頭
十トン  :サルタサウルス :三頭
三トン  :エドモンサウルス:八頭
四百キログラム:ガリミムス :三十頭
百キログラム:ケツァルコアトルス:百頭

合計百三十二トンで金額は一億四千七百八十四万銅貨だった。

「彩、何時もの魔術鍛錬が終わったら、外で武術訓練するよ」

「はい、旦那様」

『冒険者村近くの森の中』

「彩、剣を出して。俺の攻撃を防ぎつつ、この木製円盤を使って攻撃と防御をしてくれ」

「はい旦那様」

「彩、甘い! 剣に集中すると、円盤操作が疎かになってる! 今の彩なら、剣は防御主体だ! もしかしたら剣で突いてくるかもと思わせるだけでいい。攻撃は円盤を左右後、特に足元と頚の同時攻撃を心がけて!」

「はい!」

「そうだ、それでいい!」

「四つ目以降の円盤は、自分の周囲を一定間隔で浮遊させていればいい」

「はい。」

「そうだ。そうしていれば、第三者は不意打ちし難い」

俺は彩のすべての攻撃を、剣と盾で払いのけつつ指導する。

「次は攻撃をも加えるから、剣で防御して円盤で牽制と攻撃しろ! 本気で来い!」

「はい!」

「彩、躊躇するな! 本気でこい! 魔法防御のフルプレートアーマーだ。木盤では怪我もしない!」

「はい!」

俺たちはこうして、多人数に二人又は一人でも対処できるように、修行を積み重ねることにした。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く