話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第35話裏切り

「今日も大猟です。きりと殿、みつお殿、運搬の準備をお願いします」

「聞いたか野郎ども。何時も通り準備しろ」

「うぐ!」

彩が不意を付かれて羽交い絞めにされた。

「彩? 貴様ら! 何しやがる!」

裏切りか?

蛇竜の鱗をこっちに誘導だ!

「動くな! アヤを殺すぞ!」

彩、油断したか?

やはり優しすぎて敵を殺せなかったか!

「タケル! 防具を脱げ!」

「脱いだら殺すんだろ? そんな要求聞くはずないだろ、ば~か」

「アヤを殺すと言ってるだろ!」

「どうやって?」

「こう? え? あ? なん、ぎゃっ!」

よし。

剣抜いてるやつは、全員手足首を鱗で切り飛ばしたな!

「みつお、きりと、どういうことだ!」

「いや、俺は何も」

「黙れ! 残った全員の腕を縛れ! 誰が暗殺者かわからん」

「「「「「我は無関係だ!」」」」」

「黙れ! 殺すぞ! 少しでも抵抗したり、逃げようとした者は、問答無用で首をはねる! 動いていいのは、みつおときりとだけだ!」

四肢を切り落とした奴の止血は出来ているな?

「彩、こちに来い! 少しでも動いたら躊躇せず殺せ!」

「うん、ごめんね、足手まといだね・・・・・・」

「馬鹿なこと言いうんじゃない! お前は俺の妻だ、妻を守るのが夫の役目だ! 俺は狩りを続けるから、見張り宜しく!」

獲物は全部袋に収めたな。

「おい、おまえ、誰に頼まれた!」

「・・・・・・」

「黙秘か、なら拷問するが覚悟は出来ているのか?」

「みつお、きりと。コイツラの中に家族が居る者はいるか?」

「・・・・・・」

「そうか、お前らも共犯か。みつおは妻と子供がいたな! 鰐に妻子の手足を食わせてやろう。生きたまま山犬に内臓を食わせてやろう。」

「な! 俺は無関係だ!!」

「襲撃犯を庇うのは共犯だ!」

火炎魔法で主犯格の右脚をジリジリ炙り焼きした!

「うぎゃ~、ひ~」

主犯格の左脚を、落ちていたハルバートの平で叩き潰した!

「うごっ! ぐひ~! あうぐ!」

「みつお! 襲撃者の中で家族のいるの奴は、だ・れ・だ」

「とみおとやすおです」

「言います。言います! 御頭です。奴隷千人頭様です!」

とみおが慌てて白状する。

「そうです。タケル殿を殺せば、魔法袋の中身半分をくれると」

やすおも自分だけ不利になるまいと自白した。

「はい、そうです。半分を襲撃者で山分けにしていいと、奴隷解放手続きは握りつぶすから大丈夫だと」

とみおが、やすおに続けて話す。

「みつお! 手を縛ったまま襲撃犯を担いで運ばせ。、逃げた者が出たらお前の家族を殺す」

「はい・・・・・」

『冒険者村』

村の城壁の外で蛇竜の鱗を10個出し、冒険者たちの周りで回転させ、剣を次々両断させた。

これで、冒険者たちは逃げる意欲をなくした。

「門番殿、俺とアヤを殺し、袋の中の財宝を盗もうとした、襲撃犯を捕まえました。御代官様に取次願います」

「これはこれは尊様、災難でございましたな! 一緒に来てください」

「はい、宜しく」

「御代官様、尊様が襲撃されたとのこと。されど御自身で襲撃犯を捕獲なされ、届け出しに来ておられます」

「うむ、犯人どもは庭先に平伏させよ!」

「尊殿と彩殿は表からお入り頂く」

俺はお代官様に襲撃の事情を説明した。

「左様でござったか!」

「さすけ組合長を呼び出せ。縄をかけてな!」

御代官様は、代官所の卒族にさすけ組合長を捕縛する指示を出した。

「は!」

暫くして、さすけ組合長が縄目を受けて連行されてきた。

「さすけ組合長、縄を掛けられた理由は分かるか?」

「この場を見て、想像は着きました」

「お前は共犯か」

「いえ、知りませんでした」

「そんな言い訳が通用しないことは分かってるな?」

「はい。尊様と彩様の、奴隷解放書類作成に同席したのは私だけです。にも拘らずこの凶行。しかも解放書類を握りつぶすとの証言。身の潔白を証明するのは至難の業だと理解しております」

「黒磯殿は逐電したようだ。家族もおらん。身の回りの物も一切砦になかった」

「それは、凶行を命じて直ぐに逃げたと?」

「ああ、尊殿と彩殿の確保が成功していれば、後を付けさせた腹心に知らせを受けてから、砦に戻る心算であっるのであろう。だが失敗の知らせを受けているだろうから、もう戻っては来ないだろう。もはや、どうにもならん。お前は自分の身の潔白が証明されることを祈っておれ」

「はい、御沙汰を待ちます」

『多摩冒険者奴隷千人砦』

「儂は隣の代官、鈴木じゃ。今日は一大事ゆえ、役目違いながら参った。既に、黒磯奴隷千人頭が私欲で奴隷の闇売買を行ったこと、あまつさえ一旦解放金を受け取った奴隷解放御証書を破棄し、財宝を奪うため徒党を組んで襲撃させ、失敗すれば士族にあるまじく逐電したこと、聞き及んでいると思う。本来なら、残った冒険者奴隷千人組の組頭筆頭か、十人の組頭協議で後の指揮を執るものだが。今回は組頭に中に一味の者が居る疑いが有る。よって、仕方ないゆえ、儂が指定した者に、王都から代わりの頭が来るまで指揮をさせる。異存の有る者は居るか? 居ないな! 朝野殿、指揮されよ」

「いや、御代官様。私は唯の小人目付です。五十歳で奴隷から解放されただけの、平卒族でございます」

「皆も聞かれよ。既に聞いている者もおろう。尊殿は三千石の開拓依頼を出し、その書状は儂が承認したうえで、王都に送っておる。資金も一億五千万銅貨じゃ。下男なら七百五十人を十年雇える。間違いなく大身士族に成るだろう。逃げた千人頭で二百石の士族じゃ。組頭のお前らで三十俵の卒族。平卒族で十俵じゃ。尊殿が信頼するのは朝野殿のだけじゃ! 朝野殿が一時指揮とることに反対の者は前に出ろ。居ないな? では決定じゃ!」

「買取お願いします」

「はい、尊様お待ちください」

「彩、明日からは2人で狩ろう」

「うん、もう迷惑かけない!」

「迷惑じゃないよ! 互助だよ!」

「はい、旦那様」

「ありがとう。元服がすむまで抱かない心算だったけど、今日本当の夫婦になろう」

「はい!」

うわ~。

赤くなった顔がまた可愛い!

「今日は魔法袋作りと竜革に重力魔法陣を描くよ」

「はい、袋の容量はどうするの?」

「俺が七千キログラムで彩が二千五百キログラム」

「はい、重力魔法陣はなんに使うの?」

「完成したら教えるよ」

「うん、楽しみにしてる」

「計算できました。地竜種が二千キログラム級十四頭、千キログラム級二十頭、五百キログラム級三十頭、翼竜種が百キログラム級五十頭、五十kg級百頭の合計七万三千キログラムです」

「買取条件は奴隷時代と同じでお願いします」

「はい、今回は定価ではなく時価となります。国税も二割かかります」

「分かりました」

「九千四百九十万銅貨が買取価格です。税金は千八百九十八万銅貨ですので、手取りは七千五百九十二万銅貨に成ります。支払いは金銀貨となります」

「了解です。」

「大金貨七枚、小金貨五枚、大銀貨九枚、小銀貨二枚です。確認できましたら署名捺印お願いいたします」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く