話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第31話汎用魔法袋

「アヤ、疲れてるだろうけど、今から魔道具を作るよ」

「うん、少し疲れちゃった。でも大丈夫、まだ頑張れる」

「魔法カギは厳重にかけておこう。汎用魔法袋を作るけど、作ったことある?」

「ないよ。魔術師専用個人魔法袋は作ったこと有るけど。どこが違うの?」

「そうだね、まず専用品は、魔獣か魔竜の革に魔法陣を書く。次に自分の血を魔法陣に注いで、袋と繋がりを作るだろ?」

「うん、それは知ってる。だから成長とともに収納量も増えるんだよね?」

「そうだよ。だから魔術師が死んだら、魔力の供給が絶たれて中身が飛び出してしまう」

「うん、それも知ってる」

「汎用品に書き込む魔法陣は、図柄も呪文も違うんだ。それに魔力のない人でも使えるように、魔晶石を埋め込み配置している、だから魔晶石が供給する魔力が切れたら、中身が飛び出す」

「あ~! それで王都にも冒険者村にも、充魔力屋があるのか!」

「そう、魔術が発動できないような微量な魔力でも、有れば仕事には困らない。それでね、汎用魔法袋は描かれた魔術図と呪文で袋の容量が決まるし、更に魔晶石の質と大きさで使用時間も決まる。でも俺達なら、常に魔力を供給出来るだろ!」

「そっか、じゃ専用魔法袋の容量に縛られないのか!」

「ただね、それは俺たちくらい魔力が有るからだよ。更に言えば、俺が考えた魔力回復術が有るからだね。普通は袋に魔力を使い過ぎたら、大切な狩りが出来ない」

「そうなんだね」

「魔獣の革はここに買ってある。魔晶石は魔猿の物が大量にある。今日残ってる魔力の7割で俺が500五千キログラム級。アヤが二千キログラム級を作る」

「うん分かった。作り方を教えて」

「よく見て真似してくれよ」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く