話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第28話襲撃

『冒険者組合』

「さすけ組合長殿、相談が有るのですが」

「なんでしょう?」

「魔晶石を埋め込んだ装備を作りたいのです」

「ほう、具体的にはどのような装備をお考えですか?」

「武具に魔晶石を埋め込み、常に余分な魔力を魔晶石に貯えたいのです。そうすれば、非常時に魔法が使用できると思って」

「ふむ、それだけ大量の魔晶石を確保できますかな?」

「今回魔境で狩った魔獣から手に入れた魔晶石は六十一個です。アヤと折半したので一人当たり三十個になります。これを魔法陣を刻んだ武具に埋め込んで、魔法防具を創りたいのです」

「確かにいちいち魔法袋やポケットから魔晶石を出していては、命懸の戦闘中には合わず、手遅れになるかもしれませんな。分かりました。信頼できる刀鍛冶、細工師、甲冑師をご紹介しましょう」

「お願いいたします」

『狩場』

「きりと殿、みつお殿。今日は尾行者の気配が多すぎます! 総勢百人はいます。強襲を仕掛けてくるかもしれません!」

「分かりました。皆に注意しておきましょう」

「皆、今日は尾行者が百人以上いるそうだ。強襲が有るかもしれん! 有るとすれば、狩りでタケル殿とアヤ殿が魔獣と戦闘に入った直後だ。その時は御二人を円陣で御護りするぞ!」

「「「「「へい!」」」」」

「撒餌に魔獣が集まってきたぞ!」

尾行していた奴らの気配が近づいてくる。

皆に防御陣形を取るように指示しないと。

「敵襲!!」

俺は叫んだ。

「防御陣形!」

きりと殿が、俺の意を汲取り素早く指示を出した。

皆が急いで俺とアヤの守るために陣形を整えた。

魔獣の狩りと敵襲の防御を同時にやらないと。

「魔猿だ。アヤは自分に防御壁魔法を展開。俺も展開しつつ狩る」

「私も狩るわ」

「無理せず防御最優先だ! アヤの安全が、俺にとっては何よりも大切なんだ」

「弓隊、確認次第放て!」

きりと殿が襲撃犯に弓を射る指示を出した。

「魔猿は三百頭を超えてるか? 一頭百キログラム前後か? 狩りとしては魔法効率悪いな」

冒険者は上手く襲撃犯を撃退しているか?

うん、大丈夫だな。

強襲側は大した腕じゃない。

凄ざましい勢いで矢が飛来。

タケルの外套に突き刺さった!

ち、油断した!

竜材を使った強化複合長弓か!

「きゃ~、タケル!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く