話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第23話買い物

「みつお殿、魔境と森の境界は分かりますか?」

「大体は分かりますが、何か?」

「厳密な境界線がわかる案内人が欲しいのです」

「ふむ? そんなに正確でなければいけませんか?」

「今のメンバーで、全く被害のない狩りをしたいのです」

「それは流石に不可能ではないですか」

みつおは思わず苦笑した。

「正確な境界線が分かれば可能です。魔界ギリギリに撒餌の血を撒いて、僕たちは安全な森に待機します。そして魔獣が来たら圧縮火炎魔法で狩り、安全な森まで重力軽減魔力で運搬します。今やってる獣の狩りは、全てその練習なのです」

「確かに! それなら被害なしで、買値十倍の魔獣、いや百倍の魔竜すら狩れますね!」

「ただその為には、境界線を出来るだけ正確に知ることが必要なんです。この案内人は、武力も運搬力も不要です。正確な知識と経験さえあればいいのです」

「分かりました。組合長にも相談して、相応しい人間を探します」

「ではいつも通り獣を見繕ってください」

『冒険者村買取所』

「買取お願いします」

「よし出せ。」

「クロサイ一頭四千二百キログラム、水牛十頭一万千三百九キログラム合計三十一万百八十銅貨だ」

「ありがとうございます」

「アヤ、買い物行こう」

「うん! でもどうしたの、急に買い物なんて?」

「余裕が出来たし、魔境に行く装備の準備もしないとね」

「そっか。うん。一緒に買い物に行けるなんて楽しみ!」

「先ずは古着と防具を買うよ」

「うん。防御力優先?」

「そう。毎日の修練で筋力も瞬発力も上がってるけど、先ずは死なないこと!」

「お金はいくら使っていいの?」

「平民に成るには、六十万銅貨残して置かないといけない。それ以外は使えるけど、考えて使うこと。武器は先に倒された味方の物を魔力で運んで使えるから、防具優先だよ」

『冒険者村武具屋』

「ここがみつお殿推薦の店か。すみません、防具と古着を見せてください」

「はい、どうぞ。どのような物を考えておられますか?」

「鉄兜と革鎧は二人とも買います。あとこの娘は鉄製の胸甲を見せてください。僕は鉄製の胸胴甲が見たいです。下に革鎧を着て、鉄の音をさせないようにする心算なんです」

「ではまず鉄兜はこちらです」

「アヤ、色々試そう」

「う。初めての買い物楽しみ」

女の子は買い物が好きなんだな。

とても嬉しそうだ。

「ふ~う、疲れた。買い物は苦手だわ」

「私は楽しかった」

「俺は色々負けて貰ったよ。古着もおまけしてもらって、全部で十五万銅貨使ったけど、アヤは?」

「十万銅貨で揃えた!」

アヤはとても嬉しそうに返事した。

上手に値切れたようだな。

ま、アヤくらい可愛ければ、値切るにしても有利だし。

「次は武器を見に行くよ」

「日本刀は高いよね?」

「一振り十三万銅貨はするけど、今回は鋳造の杖をオーダーする」

ここが、みつお殿推薦の店だな

「お邪魔します。杖の鋳造をお願いしたいのですが」

「あ、タケル殿ですか? 組合長から聞いてます。標準型でいいのですね?」

「はい」

「材料費と手間賃で千銅貨になります」

「分かりました。これでお願いします」

俺とアヤは、注文して前金を渡しただけで直ぐ店を出た。

「タケル、凄く安くなかった?」

「ああ、軟鉄を溶かして型に入れるだけだから」

「それで大丈夫なの?」

「自分達の魔法で鉄を変質させて、色々と強化するから大丈夫だよ」

「なるほど。なら、どうして防具にお金かけたの?」

「型がないからね。それに、防具を使わなくなったら、同じ店に売ればいいから。」

「そっか」

「なによりも、杖は魔晶石を埋めて育てていくから」

「私のは?」

「欲しいの?」

「それは欲しいよ。ぷんぷん」

アヤは可愛く怒った振りをする。

あああああ、可愛らしい。

俺の劣情が激しく疼く。

「じゃまた明日一緒に買い物しよ」

俺はそっと手を出した。

アヤが頬を赤く染めて、おずおずと手を出してくれる。

俺は優しく手を握った。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く