話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第18話アヤの価値

「おばさん、食事お願いします」
「おばさん、私もお願いします」

「はいよ。今日は凄い鰐を仕留めたんだって?」

「はい。アヤがいてくれるので、どんなに大きな獣でも運搬できます。僕一人では、倒せても運べません」

「そうなのかい? タケルでもそんな大きなか獣を倒せるのかい?」

「はい、殺せます。でも魔法袋に入りきらないので、運搬用に人手が要りますし、愚図愚図していると鮮度も落ちてしまいま。」

「はいできたよ。今日は鰐の唐揚げ、野菜のお浸し、獣肉、根菜シチューだよ」

「はい。いただきます」
「いただきます」

「アヤ、今日も練習だ。これをやり始めてから、成長が止まっていた魔力が、また増えてる。アヤにも効果が出るかは分からないが、やれる限りのことはやろう」

「うん、頑張る」

「今日タケルの魔法袋容量が増えてたのは、この練習のせいかなの?」

「気付いていたんだね。そうだよ。だから頑張ろうな」

「はい」

『翌朝』

「アヤ、朝飯も食ったし、組合に行こう」

「うん。人は集まってるかな?」

「どうかな? 千人頭が邪魔していたら集まっていないだろうけど、そんな証拠が残る手は使わないと思う。やるとしたら、アヤの元パーティーメンバーによる俺の暗殺かな」

「そんな! そこまでする?」

「昨日の稼ぎは凄いだろ? アヤの力なら、例え相手が魔竜も同じ方法で狩れる。そうしたら一日で八千万銅貨の稼ぎだよ。一日で四千石士族の税収一年分を稼げるんだよ。毎日魔竜が狩れたら、その収入は百四十六万石の貴族様の収入になるんだ。でもそんな大きな領地をもつ貴族様なんていないだろ? 最高の石高を誇る加賀辺境伯でも、百万石だよ」

「うん、そうだね。だから国法を犯してでも、私を売ろうとしたの?」

「そうだよ。だからこそアヤに、自由になりたければ知人でも殺す覚悟をしてもらったんだ」

「分かった。改めて覚悟を決めたわ!」

「じゃ、行こうか」

「うん!」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く