話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第15話大鰐

ここが中古の武具屋か。

「すみません、武器見せてください」

「はい、どうぞ」

魔法道具はこの辺か。

赤樫の魔法杖が百銅貨もするのか。

だがいざという時は、木刀のように使える丈夫さが欲しいから、赤樫を選ぶべきだろう。

赤樫の中でも、表も中も傷の無い物がいいな。

「アヤも重さを確認して、使い勝手のいい杖を選んで」

「うん、これが良さそう。」

「店員さん、ここに来る冒険者さんで、湿地帯を狩場としているパーティはおられますか?」

「はい、そうですね、新人からベテランまで沢山おられます。獲物が多い湿地帯は人気がありますから。あ、あそこに居られる六人組などは、面倒見もいいベテランさんですね」

「はい、ありがとうございます。この杖二本ください」

「はい、ありがとうございます。二本で二百銅貨になります」

「すみません、湿地帯に行かれる冒険者さんですか?」

「そうだが、それがどうかしたかい?」

「僕たち今日初めて湿地帯に行くので、少しでも危険を少なくしたくて、狩場まで一緒に行かせてもらえませんか?」

「そうか、それは俺達も助かる」

「おいおい、新人と一緒で助かるかよ?」

「いや、目・耳は多いほどいいし、厳しいことを言えば、隠密性の高い獣の不意打ちを受ける確率が人数分低くなる!」

「身も蓋もない言い方だが、それもそうか」

「じゃ、行こうか」

「はい、僕はタケル、この娘はアヤです」

「俺はりょうと、コイツがくまきち、アイツがとらお」

「私はあすか、あの娘がみどり、あっちの娘がかえで」



ベテランさんが何気なく危険な場所を避けて下さったので、何の危険もなく湿地帯まで辿り着くことが出来た。

「有難うございました、僕たちは向こうで獲物を探します」

「ああ、気をつけてな」

「アヤ。今日は値動きが少なく安定した買取価格の獣を狙いたい。まず俺の魔法袋容量限界が百七十キログラム以下だから、あの鰐を狙う」

「はい」

「俺が倒すから、アヤは昨日の打ち合わせ通り、重力軽減魔法と運搬魔法で安全なここまで運んでくれ」

「うん、やってみる」

「鰐だから、喉は隠れている。火炎圧縮魔法で、こうして脳を焼いて殺す」

俺は直径六十センチメートル位の火炎を魔力で圧縮し、直径一センチメートルくらいにした。

それを魔力で誘導して、鰐の後頭部付近から脳に直撃させた。

鰐は魔法の直撃を受けた後で多少痙攣するように動いたが、直ぐに全く動かなくなった。

「よし! 運んでくれ」

「はい!」

「うん、上手いぞ。大きさも何とか袋に入りきった」

「次はアヤが練習がてら倒してくれ。ただ、魔力は節約したいから大物狙いだ。うん? 見間違いか? ちょっと遠いが右の方に途轍もなく巨大な鰐! アヤ、どう思う?」

「う~ん、十メートル以上、十五メートル近いかもしれない」

「アヤは何キログラムまで魔法で運べる?」

「四トンくらいかな」

おいおい規格外すぎるよ。

アヤでこれなら、上級魔術師は化け物だな!

「アヤ、行ってみよう」

「はい」

うわ~、やっぱでかいよ、巨大だよ!

でも、いずれは魔界に入って、魔獣や魔竜を狩るようになりたいんだ。

でかいからって、ただの獣にビビってられるか!

「アヤ。あいつは獲物で商品なんだ。だから傷は少ない方がいい。さっきやって見せたように、圧縮火炎魔法で小さく穴開けて、脳だけを焼くんだ」

「はい。やってみる」

「俺も魔法の準備をしておくから、焦らずやればいい。外したら、逃げながら次の圧縮火炎魔法を用意するんだ」

「はい。やります!」

よし、上手い!

死角から迂回させて、火球を後ろに移動させた。

よしバッチリ後頭部から火球が決まった。

おおおお痙攣してる。

流石にアヤは凄い!

何も練習していないのに、見ただけで俺が考えに考え抜いた魔法を覚えるかよ。

「痙攣が止まった。ここまで運んで! よしそうだ、袋に入れて。やったな! 初獲物がチョー大物だよ、何キログラムあるか分かるか?」

「三トン超えるくらいだと思う」

「袋の容量は、あと一トンか?」

「うん」

「じゃ、適当な鰐を狩って帰ろう」

「はい!」



俺とアヤは、何の危険を感じることなく適当な大きさの鰐を狩り、意気揚々と砦に帰ることが出来た。

「小人目付様買取お願いします」

「アヤの担当は横井殿だぞ!」

「僕がリーダーです。僕が現金で受け取り、朝野様の前で公平に折半いたします」

「分かった。それなら体裁は整う。いいだろう、ここに出せ」

「十メートル三トン級の鰐が一頭。同じく五百キログラム級鰐が二頭。百五十キログラム級が1頭ですから、もっと広い場所でないと無理です。」

「な! とびすけ買取長! 冒険者組合の倉庫を使わせてくれ」

「朝野様、私もご一緒させていただきます」

「うむ」

「タケル、アヤ、ついてこい」

俺とアヤは、高揚する心を押し殺して表情を隠し、朝野様ととびすけ買取長の後に続いた。

奴隷冒険者が狩った獲物も、鑑定した後は冒険者組合の倉庫に保管される。

だからあまりに巨大で受付で出せない獲物は、広大な冒険者組合の倉庫で鑑定しようと言う事だろう。

普通の奴隷冒険者の実力では、受付で鑑定出来ないような大物を狩ることは出来ない。

大物が狩れるような実力者なら、貯めた金で自分の身を購入し、奴隷から平民になっている。

そうなれば平民冒険者として冒険者組合の受付に行くことになる。

当然砦からは出ていくことになる。

「出せ」

「はい。アヤ出そう」

「はい。」

「デカイ! 何という大物だ! 買取長、組合の秤を使わせてもらう」

「はい、私が量らせていただきます」

「タケル。アヤ。四頭合計で四千九十七キログラム、八万千九百四十銅貨、一人当たり四万千四百七十銅貨だ。一人づつ渡すぞ、小銀貨四枚、大白銅貨一枚、小白銅貨四枚、大黄銅貨七枚だ、同じくアヤの分、確認したか? なら受け取りに拇印押せ」

「タケル、これ貸してもらってた四百銅貨返すね」

「ああ、目付様ありがとうございました。アヤ武具買いに行こう」

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く