話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第14話ちょっとだけ豪華な朝食

「アヤ、御飯に行こうか」

「うん、楽しみだね」

「そうだね、今日は何が食べれるかな?」

「おばさん、御飯お願いします」

「はいよ。今日は個室だから豪華だよ。焼鰐・干鰊と茄の煮物・納豆・野菜御浸し・玄米飯だよ。それと、弁当が玄米握り飯六個・獣肉の佃煮・梅干三個・沢庵大根三切だよ」

「ありがとうございます」
「ありがとうございます」

「アヤちゃんは可愛いね」
おばさんはアヤがお気に入りの様だ。

「アヤ、あっちで食べよう」

(アヤ、念話で聞こえる?)
(うん、大丈夫)
(今日は最初に、魔法の杖を買いに冒険者村に行く)
(はい。でも私お金がないよ)
(大丈夫。俺の手持ちを貸すから、それで買えばいいよ)
(ありがとう。でも命懸で稼いだお金でしょ。本当にいいの?)
(今日確実に稼げるから、それで返してくれればいいよ)
(うん。私頑張るから。必ず返せるように頑張るから)
(ただ手持ちは少ないから、木の杖2つが限界だと思う。魔力が五%上がる程度だけど、それで生死が分かれることも有るから)
(うん。分かった)
(それと、村を出る冒険者と一緒に湿地まで行くことにする。それが刺客を牽制する一番の方法だと思う。適当なパーティーに出会うまで、商店で時間を潰すから)
(はい! 私もその方がいいと思う)
(では、朝飯を美味しく頂いて出よう)

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く