話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第9話順調な狩り

さて、初日の獣道でまで行くか。

昨日は二割程魔法袋の容量が増えてたから、この調子で魔力が増えれば、魔獣や魔竜を狩れるようになるかもしれない。

歩く速度も昨日より速く成ってるし、日々の魔力鍛錬時間は最優先で確保しないといけないな。

ふう、急いだのもあるけど、三時間強で獣道まで来れたよ。

これで、往復二時間程度短縮出来たから、獲物を待ち伏せする時間を増やせる。

さて、水筒に入れておいた鹿の血を撒いて、肉食獣を誘いますか。

先ずは安全な木の上に移動しておこう。

さて、獲物は何が来るかだけど。

二日間の結果から言えば山犬の確立が高いが、出来ればもう少し大型で買取価格も高い狼を狙いたい。

昨日のように、魔法袋に入りきれない一頭を担いで帰れば、儲けが多いだろう。

う~ん1時間は経ったかな?

十一時近いか?

昨日、一昨日と順調すぎたかな。

弁当を半分喰おう。

ん?

気配か?

狼だ。

しかもデカイ。

大型種か?

五十キログラム前後が4頭か!

殺るか?

見送るか?

殺る!

圧縮風魔法1つ。

成功!
2つ。

殺った!

3つ目。

4つ目。

よし!

急いで回収。

小さい狼から一頭二頭三頭目。

魔法袋に入るか?

入った。

また二割程魔力は増強してる!

四頭目は担いで、ダッシュで砦に帰る。



「お、大型の狼か。今日も魔法袋に入りきれなかったのか?」

「はい、運がよかったです。目付様、買取お願いします」

「よし、出せ」

「狼四頭です」

「うむ、今日もほとんど傷無。狼四頭合計二百四キログラムで四千八十銅貨だ、預り金でいいのか?」

「はい、預り金でお願いします」

「よし、現金預かり帳をだせ。今日の分を足して七千四百銅貨、通帳と元帳の金額は確認したか? なら拇印を押せ」

「はい、ありがとうございます」

さて、時間があるな。

晩飯の前に鍛錬するか?

うん?

アヤか?

・・・・・痛い!

なんだ?

胸が痛い。

刺すように痛む!

を、アヤが手を振ってくれてる。

うわ胸が早鐘の様にドキドキするよ!

手を振り返そう。

て、なんで胸の痛みが強くなるんだ?

まさか。

こいつ。

タケルの奴アヤが好きなのか?

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く