話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第7話鹿狩り

爆睡しちまった、飯食って狩りだ。

「おばさん、朝飯お願いします」

「はいよ。今日は玄米御飯・納豆・獣肉味噌汁・獣肉佃煮・大根糠漬けだよ。弁当は玄米御握六個・梅干六個・大根糠漬け六切・水筒だよ」

「ありがとうございます、いただいてきます」

昨日と同じ獣道で狩るとして、今日の方が歩きが格段に楽だな。

昨日の経絡経穴鍛錬と筋線維分裂強化鍛錬が効いているのかな?

うん?

何か群れで来る?

木の上に一時退避。

鹿の群れ?

何かに追われてる?

狼か?

狩る!

風魔法で喉を掻っ切る!

雄鹿ボス?

1頭狩る!

次雌2頭目!

大きい雌鹿3頭目!

次、小さい見送り。

次、手頃雌鹿4頭目!

魔法袋に収まりきるか?

後は見逃そう。

狼が来たら危ない、急いで回収。

木から飛び降りて、1頭目、2頭目、3頭目。

あれ?

視界に何か映る。

狼?

山犬?

ヤバイ、退避が間に合うか?

間に合わないと俺が喰われてしまう。

鹿4頭目回収。

手近に大木に登って退避。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く