話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第6話魔力鍛錬

部屋で魔術訓練だ。
元のタケルは魔力と魔術の向上には見切りをつけたようだけど、俺なりに元の世界の知識を使って頑張る。

座禅を組む。
まずはチャクラ、東洋医学経穴の会陰から百会に魔力を十回巡らせてる。
左右の手の太陰肺経、中府から少商に魔力を十回巡らせる。
左右の手の陽明大腸経、商陽から迎香に魔力を十回巡らせる。
左右の足の陽明胃経、承泣から厲兌に魔力を十回巡らせてる。
左右の足の太陰脾経、隠白から大包に魔力を十回巡らせる。
左右の手の小陰心経、極泉から少衝に魔力を十回巡らせる。
左右の手の太陽小腸経、少沢から聴宮に魔力を十回巡らせる。
左右の足の太陽膀胱経、晴明から至陰に魔力を十回巡らせる。
左右の足の少陰腎経、湧泉から兪府に魔力を十回巡らせる。
左右の手の厥陰心包経、天池から中衝に魔力を十回巡らせる。
左右手の少陽三焦経、関衝から絲竹空に魔力を十回巡らせる。
左右の足の少陽胆経、瞳子膠から足竅陰に魔力を十回巡らせる。
左右の足の厥陰肝経、大敦から期門に魔力を十回巡らせる。
督脈の長強から齦交に魔力を十回巡らせる。
任脈の会陰から承漿に魔力を十回巡らせる。

次に西洋医学的に。
胃で消化するように魔力を送る。
小腸で吸収するように魔力を送る。
脳の記憶力がよくなるようにイメージし魔力を送る。
脳から脊髄・神経の伝達がよくなり、反射が早く成る様イメージし魔力を送り。
骨にカルシウムを取り込むようにイメージし魔力を送る。
骨が太く長く成長するようイメージし魔力を送る。
筋膜が広がる様イメージして魔力を送る。
筋線維は太くなり、更に分裂して二倍になるイメージをし魔力を送る。

限界だ、倒れるように眠ってしまいました。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く