話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第4話初狩

さて、狩場は山にしよう。

湿地や河川は水場で獲物も多いけど、水竜や鰐に出会ったら即死だからね。

例え小物を狩っても、水の上に落ちたら泳いで回収しなきゃならない。

回収中に水中から大物に狙われたら、これまた即死。

獲物は少ないし小物ばかりだけど、やっぱり足場のしっかりしていて、逃げ易い山や森が無難だね。

でも魔の森や奥山まで行っちゃうと、強力な魔獣に遭遇する確率が上がるから、里山近くの森や山で小物の兎や狐狸、鹿や山羊を中心に狩ろう。

大きさや狩り傷にもよるけど、兎で四十銅貨、狐狸で百二十銅貨、鹿や山羊なら六百銅貨くらいになる。

さ、夜が明ける前に砦を出よう。

ふう~。

一時間位歩いたかな?

何も獲物に出会えないや。

砦近くだと獲物もいないか。

しかし片道四時間が日帰りの限界だろうな。

おっと、これは獣道か?

新しい糞もあるし。

砦から4時間くらい歩いたかな?

太陽に位置からもこの辺が限界か。

この身体結構体力くあるのかな?

全然疲れを感じない。

この獣道で二時間くらい待ち伏せして、駄目なら帰ろう。

さて弁当を半分喰うことにしよう。

気配がある!

姿が見えたら、即、圧縮した風魔法で喉を切り裂いてやる。

よし、やった!

後は息絶えるまで追いかける。

狸か?

意外だな、狐かと思ったけど。

でも、狸の方が肉が高かったかな?

そうだ!

血抜きのついでに、獣道に血を撒いてみよう。

上手くいけば肉食獣をおびき寄せられるかもしれない。

この辺なら肉食獣と言っても、せいぜい山犬か狼程度だろうから対応可能だ。

残り一時間待ち伏せだ!

来た。

小さいな。

山犬かな?

十キログラム程度が六頭か?

魔法袋に十分入る!

風魔法を圧縮して、ゆっくり慌てず確実に、喉を狙って撃つ!

馬鹿が、逃げねえ。

皆殺しだ!

全部殺ったな?

他の肉食獣は来てないよな?

よし、木から降りて回収だ。

血抜きの時間が惜しい。

他の群れが集まらない内に早くこの場をから撤退だ。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く