話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

奴隷魔法使い

克全

第3話朝食

夜明け前だけど、まずは朝食で腹ごしらえをするか。

「おばさん、朝食お願いします」

「はいよ、今日は玄米飯・獣肉味噌汁・大根糠漬け・納豆だよ。それでこれは、玄米握り飯六個・梅干六個の弁当包みと水筒。弁当は、万が一日暮れまでに砦に戻れなかった時の非常食でも有るから、多めだよ。でもちゃんと帰ってこれたら、副食を自分で購入するんだよ」

「はい、日暮れまでには帰ってきます」

「この弁当までは王国が支給してくれるけど、晩飯からは自分で買わないといけないし、今日からの宿泊費は自分持ちだよ。でも決して無理しちゃいけないよ。獲物がなければ王国に借金すればいいし、冒険者で平民に成るのは無理とおもったら、奴隷文武官吏に再転向すればいいんだからね。定年が50歳から少し長くなるけど、命には変えれないんだからね。後ろの新人達もよく覚えとくんだよ!」

「はい、ありがとうございます。命を大切にします。では、ありがたく食事させていただきます」

「はいよ」

うん、不味い。

転生前の味覚が残ってるな。

白米喰いなれた俺に玄米は辛い。

脚気予防にもなり、バランス取れた玄米は身体にはいいんだけど、分かっていても玄米は不味い。

この身体の本当の持ち主なら美味しく食べれたのかな?

何としても、採算取れる狩りを安全に出来ないとな、美味い食事ができない。

あの一角は、ベテラン冒険者か貫禄あるな~。

あっ、新人が混じってる?

知り合いのパーティーに入れて貰ったのか?

俺は何の勝算が有って、ソロを選んだんだ?

こっちは、新人ばかりのパーティーだな。

う~~ん見るからに顔色が悪い。

俺もかな。

参ったな。

さて、混む前に受付に行きますか。

「奴隷魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く