話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

王太子に婚約を破棄され、王国を追放されたので、皇都に行ってパン屋さんを始めました。

克全

第6話:慈愛

「はあい、今行きます。
貴方達はこのまま食べていてください」

私は母子にそう言ったのですが。

「ご主人が用事をなさっているのに、私達が食べているわけにはいきません」

思いのほか厳しく言い返されてしまいました。
余りの正論に言い返すことができませんでした。

「分かりました、だったら待っていてください」

私がそう言うと、母親は子供達に食べるのを止めさせようとしましたが、流石に幼い子から食べ物を取り上げるのは不可能です。
幼い子が大泣きしてしまいました。

「子供たちが泣かないようにパンを食べさせてください。
こままでは話もできませんからね、分かりましたか」

「申し訳ありません、ご主人様」

母親の言葉を聞いてその場を後にしました。
外にもお腹を空かせた者達が待っているのです。

「お待たせしましたね、頼んでいた物を持っていてくれたのですね」

「ああ、頼まれていた者は全部持ってきたよ。
あれば頼むと言われていた胡桃とアーモンドも手に入ったよ。
薬草とクコの実は少ししかなかったけど、果物は一杯あったよ」

孤児達を束ねている少年が、顔一杯に笑顔を浮かべて返事してくれます。
年老いた乞食も少年を見て優しく微笑んでいます。
つい先ごろまでは犯罪者ギルドに仕切られていたこの辺も、今では様変わりしていますが、これも金虎ちゃんのお陰です。
私にショバ代を払えと脅してきた犯罪者ギルドが、金虎ちゃんによって皆殺しにされて壊滅したからです。

「では、買って来てくれた品物はそれに合わせてパンと交換しますから、順番に運び入れてもらいます。
パンが足らない場合は、お金で支払わせてもらいます」

「そんなあ、ユリアさんところのパンが欲しんだよ」

少年が私のパンが欲しいとうれしい事を言ってくれますが、今日は紳士が大量に買ってくれたので、何時もより多く売れてしまったのです。
最後にこうやって物々交換するので、何時も多めに作るのですが、独りで作れるパンの量は限られているので、そこは我慢してもらわないといけません。
あるていど定価で売れてくれないと、ここで不利な商品交換ができなくなります。

「そう言ってくれるのはうれしけれど、店で売れないとみんなにお仕事を頼むことができなくなるわ。
何時も売れるようになったら、手伝いの人を雇うようにするから、今の売れたり売れなかったりする間はこの状態よ」

この子達に慈悲を与える気持ちに変わりはないけれど、現実は理解してもらわないといけません。
孤児や乞食を使って利益などないのです、むしろ損をしているのです。
その上で感謝して欲しいとは言いませんが、邪魔するような真似は許しません。

「いやあ、立派な事をしているんですね、感心しましたよ」


「王太子に婚約を破棄され、王国を追放されたので、皇都に行ってパン屋さんを始めました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く