話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

王太子に婚約を破棄され、王国を追放されたので、皇都に行ってパン屋さんを始めました。

克全

第4話:金虎ちゃん

ガッッオオオオオ!

「ギャアァアア、た、た、た、助けてくれぇえええ!」

私に偉そうな態度を取った男が、金虎ちゃんに吠えられて逃げ出しました。
私にはとても可愛い態度で甘える金虎ちゃんですが、怒ると怖いのです。
特に全身の毛を逆立てて、大きく口を広げ、鋭い歯を剥きだした時は、やられた者は失禁脱糞するほど恐怖を感じます。
今回の男は粗相しなくてよかったです。
店の中で粗相されると、食べ物を扱っているだけに困るのです。

「金虎ちゃん、今度からは脅かさずに叩きだしてくれるかな?
店の中で粗相されると掃除するのが大変なのよ。
あんな男の汚物を触るのは嫌だから、お願いね」

「ミャァアアア!」

金虎ちゃんが申し訳なさそうに返事をして、脚に身体をこすりつけて謝ってくれますが、謝る事など何もないのです。
私が安心して治安の悪い下町でパン屋さんができるのも、どんなお客さんが来ても平気でいられるのも、金虎ちゃんがいてくれるからです。
金虎ちゃんがいてくれなかったら、とうの昔に殺されるか奴隷に売り飛ばされるかしていたでしょう。

「謝らなくてもいいのよ、金虎ちゃん。
金虎ちゃんのお陰で安心して暮らせるのよ。
私は金虎ちゃんが大好きで、いてくれないくては困るの。
だからね、これからもずっと一緒にいてね、お願い金虎ちゃん」

私はそう言いながら、心を込めて金虎ちゃんの毛並みを撫でさすりました。
パンを焼くのも接客するのも大好きですが、こうして可愛い金虎ちゃんを撫でまわすのも大好きなのです。
この喜びは、獣好きモフモフ好きにしか理解できないでしょう。
本当はこのまま肉球プニプニに移りたいのですが、住居の方に母子を待たせていますから、そうもいきません。

「ミャァアアア!」

嬉しそうな気持ちよさそうな声で鳴いてくれる金虎ちゃんを撫でつつ、素早く店の売れ残りパンの種類と数を確認します。
値段と栄養価の事を考えて、どのパンもライ麦を原料とした全粒粉パンですが、焼き方と加えている物で美味しさと値段が多少違います。
母子にあげる分だけがあればいいという訳ではないので、ちょっと心許ないです。

「仕方ないわね、パンが足らなかったら、売り上げから代価を渡しましょう」

思わず独り言を口にしてしまいましたので、金虎ちゃんが心配げな視線を送ってくれたうえに、今まで以上に強く身体をこすりつけてくれます。
普段は体力差を考えて優しく力加減してくれるのですが、今回は愛情を込めて強くこすりつけてくれるのが、なんともいえず心を温かくしてくれます。

「大丈夫よ金虎ちゃん、金虎ちゃんのお陰で蓄えもできたから、少々出費が増えても問題ないわ、だから安心してね。
さあ、裏に行ってあの母子を安心させてあげましょう。
きっとお腹を空かせているわ」

「王太子に婚約を破棄され、王国を追放されたので、皇都に行ってパン屋さんを始めました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く